読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tの「それでも描きたい」

万年 美術の成績5段階中2のボクがデジタル絵をはじめる

頭(顔)のアタリの取り方〔アナログ〕

 

 

f:id:htmusmaker:20160829225422j:plain

 

 

 

 

 

バランスの良い頭を描くために。

 

かわいいのからゴツゴツしたのまで

いろいろある顔の形。

 

それらに上手く対応していくためには何をしなければならないのか…。

 

今回は

そういうのを勉強していきます。

 

 

 

よくある頭のアタリ

 

丸 描いて十字のアレですね。

 

の役割は もちろん

おおまかな 頭の様子

 

十字顔のパーツの位置を表してます。

あと角度

 

 

 

正面

 

f:id:htmusmaker:20160829225422j:plain

 

 

横顔

 

f:id:htmusmaker:20160829230024j:plain

 

 

斜め前から

 

f:id:htmusmaker:20160829230051j:plain

 

 

 

頭部アタリの問題点。 

 

アタリという基準線があれば

どんな角度からの顔も自由自在です。

 

しかし、

ボクのように絵が得意でない・慣れてない者にとっては

以下のような難点を感じます。

 

 

 

難点1.少々おおまか過ぎる 

 

ちょっと荒いんですよねぇ…。

 

少なくともボクには。

 

 

バランスを取るためには もう少し詰めていかないと

良い顔が書けそうにありません…。

 

 

  

対策「バランスを取るための線の書き足し」

 

やはりプロのノウハウというのは偉大なもので 

あれやこれやと勉強していくうちに様々なことが学べました。

 

こんな感じです。

 

f:id:htmusmaker:20160830100929p:plain

 

顔のパーツ位置の関係はこのようになってるみたいですね。

(画像の斜め線は「等分」を表してるつもりで引いてます。)

 

 

目の位置

 

htmusmaker.hatenablog.com

 

円の中心、赤線の

左、右 それぞれの真ん中地点(茶色線)が 目の位置の目安。

 

ちなみに目と目の間には

もう一つ目が入るくらいの空間がある。

 

 

 

鼻の位置

 

htmusmaker.hatenablog.com

 

鼻の位置は円の下半分、

目からアゴまで3等分した上側 緑線。 

 

 

 

口の位置

 

htmusmaker.hatenablog.com

 

鼻の下。

目からアゴにかけて3等分したアゴ側の黄色線。 

 

ちなみに このラインはアゴの横角(頬らへん)の目安でもある。

 (だいたい目じりから耳の間くらい)

 

 

 

耳の位置

 

htmusmaker.hatenablog.com

 

目の横くらい。 

 

だいたい、目じりあたりに合わせながら描くと

違和感がないかと。(赤線)

 

正面で言うと、

耳たぶ あたりのところと鼻のライン(緑)が同じになる。

 

また、横顔では耳の下部分とアゴの付け根部分が近い。

横顔円の中央からは真ん中より、顔から見て奥側。

 

耳の上側は後ろに少し傾いてる。

 

 

 

髪の位置 

 

円の上半分の真ん中。

青線のところが髪の生え際の目安。

 

 

  

難点2.ワンパターンの形にしか対応できない。

 

たまご型と言われる頭の形の種類の一。

 

まったく出来ないとは言いませんが、

(円形からアゴの分を削っていけば良いだけですから)

 

わがままを言うと、もうちょっと やりやすいのが良い…。

 

 

 

対策「円に形(アゴの)を描き足す手法」

 

やはりプロの…(略) 

 

円にアゴを描き足す という手法で

丸、十字描きの対応の幅を広げてるわけですね。

 

確かにコレなら

いろんな形の顔に対応できます。

 

 

ただ…難点として、

基準線が取りづらい(感覚頼り?)というところがあるんですよね…。 

 

特に、斜め顔が描きづらい。 

 

そこで、

別にアレンジというわけでも何でもないんですが、

 

基本の円も合わせて囲い、基準線を入れ、

バランスの取りづらさを解消させてみました。

 

多少 線が多くなってしまうものの、 

これで だいぶ描きやすくなったはず♪

 

f:id:htmusmaker:20160906210025j:plain

 

灰色の線は

だいたいの瞳の位置を想定して。

 

内円の右と左側から

それぞれ半分のところに描いてみました。

 

 

 

まとめ。 

 

頭骨イメージと言いますか、

そういうのも ある程度もっておく必要がありそうですね。

 

もひとつ楽にイメージが進められるようになると思います。

 

 

今ボクが思うところでのコツ。

 

・下アゴを含む頭部全体の基本円(外丸)の形は、丸より若干 楕円くらい。

・基準線を引いてから内丸を描く。 ※頭頂~上アゴ(前歯あたり)まで。

 

こんな感じです。

 

 

いろんな顔の形も描いてみたかったんですが、

さすがにキリがないので、とりあえず ここまでっ。

 

それではっ♪

 

 

広告を非表示にする